セブンイレブングループが2030年を目標にレジ袋をやめて紙袋などに変更するらしい

セブンイレブングループが2030年を目標にレジ袋をやめて紙袋などに変更するらしいのです。

でもこれって、何か企業にメリットがあるのでしょうか。

企業にとってメリットがある場合には「2030年を目標に」などと手ぬるいことはいわずに唐突にやり始めると思います。

まして豪腕で有名なセブンイレブングループですからね。今年から数えて2030年まで後何年あるのでしょうかね。

たぶん、こんなことをただちに行なえば、企業の業績に悪影響を及ぼすことが分かっているので、この企業では「2030年を目標に」という簡単に言えば努力目標を掲げ、一般消費者の話題になることをねらった一時的なものだと私は考えます。

この企業は、コンビニエンスの「闇」が多くに人たちの感心になっていることに対して、企業としましては環境問題に配慮していることをアピールして自社が「クリーンである」ということを全面に出した行きたいのだと思います。

ただ、そんなことをやる前にやらなければならないことがあることは誰でも知っています。キレイモ 学割 全身