本当は一番便利なツール?読書の魅力再発見

最近読書がいい。ネットやスマホ見てるより疲れないし、ドラマや映画とも違う。最近忘れていた読書の魅力に再び気づいたところです。本てやめたいところでピタリとやめられ、読み始めたくなったらページを開けばまたすぐその世界に戻っていける。いちいちログインIDもパスワードも必要なく、場所も選ばず充電もいらないから大事なところで電池が切れることもない。そう考えると一番アナログなんだけど、本が一番便利なんじゃと思えてきたのだ。出掛ける時には昔みたいに文庫本を一冊鞄にいれて持ち歩くようになった。病院の待ち時間、電車の中、約束の時間の隙間に少しずつ読み進める。なんでこんなに楽しく便利なもの、手放していたんだろうなと思えてくる。図書館にもずいぶん通うようになった。無料で知的財産を提供してくれる図書館てエコで何より優しい。原点回帰で、一周回ってみんなまた本に戻ってくるんじゃないかと思う。複雑化する社会の中で何世紀も変わらないもの。温かみがあって最も個人的な喜びの世界に。アイフル 即日