誰か私に料理が好きになる催眠術をかけて欲しい

自慢にはなりませんが料理が嫌いです。
特に結婚後は気が向いた時だけというわけにはいかず毎日の義務になり、
子どもの成長とともに予算との戦いも激しくなってきます。
午後4時になり、5時になり、会社を退ける時間が近づくにつれ憂鬱になり、
このままどこかに失踪したいと思うことさえあります。
帰宅途中にスーパーで買い物をして、帰ったらすぐにあれとこれをしてなどと考えていると、
家に帰ることが嫌になってカフェに寄り道してしまったこともあります。
刺身や高級和牛など調理不要だったりサッと焼くだけで美味しい食材は高価な物が多く、
安い食材はそれなりに手をかけなければ家族にも不評な料理しかできません。
メニューに困った時はネットが頼みの綱です。
以前とは違い有名な料理研究家だけでなく一般の方のレシピも豊富に揃っています。
驚くのは男女を問わず料理好きな方が多いことで創意工夫に余念が有りません。
しなければならないことが好きなことであるのは最高の幸せだと羨ましくなり、
誰か私に料理が好きになる催眠術をかけて欲しいと思います。
1週間とは言わず3日でも上げ膳据え膳が夢ですが、実現はまだまだ先になりそうです。キレイモ パックプラン ローン