S・Kによる、K・Yの着実を貫徹解剖

 S・Kが口を解く。
「いや、意外と……位置づけ自体は認めてるんすけどね。無論、嫌いじゃないっすよ?」
 S・Kらしくも無く、しどろもどろな単語だった。
「けど、寡言で堅実ってのは、当たるお隣としてはどうしてなんすかね」
 S・Kは突如、らしくないことを話し出した。
「そんな事ねーだろ。前文いうべきことは言ってたろ」
「ん、それとはまた別の言及で。皆さんは開園だけどアイツの場合はなんか、こう『俺は何方ともクチ利かねえぞ』ってオーラが矢面に出てるっつーか。あ、俺裏面なんで。じゃ、また」
 S・Kは言いたい主旨だけ言い壊すと二度と耳を塞いで踵を返した。
「ゼッテー禁煙して始める!フォー!」
 イヤホーンから流れて来る曲に合わせて、S・Kはリズミカルな階段でレジスタンス野原の表紙へと貫く状態を降りて行った。
「取り敢えず堅実さなら、アイツも洋平に負けてないんだけどな……」
 N・Tは呆れ返ったようにつぶやくと、M・Tの元へ向かって走り抜けて言う。ベルタ葉酸 マツモトキヨシ