赤ん坊の寝返り命中が望ましい反面、困ってある…

前月、こどもが寝返りに成功しました。
ますますこぶしが抜けずにあと一歩のところで止まっていたので命中できたのはアベックともにさんざっぱら喜んでいたのですが、出来るようになってからはノウハウをつかんだのか気が付けばゴロンゴロンとうつ伏せになっています。
こぶしの技量もついて、うつ伏せの体勢でも少々はご感情でいて受け取ることが多いのですが母乳を飲んだ後がちゃんと悲惨だ…。
なるべく母乳を飲んだ後はうつ伏せにならないように両脇の下にバッファをはさんで寝返りを防いでいるのですが、最近は健康を賢くずらして簡単にうつ伏せをしてしまいます。
そしてふと気がつくと至る所に母乳を吐いた跡が…。
しかも吐いた所に外見を突っ込んでしまい、顔面母乳だらけになる。
最近はガーゼで拭いてもキリがないので、ただただお風呂場に直行し、外見だけ水で潤すようになりました。
そしてジョインマットはちゃんと悲惨な状態になっています。
しかもうつ伏せ状態で移動もするのであらゆる所に母乳跡が…。
一年中洗濯タイミングを何回回しているのかと想うほど大変になってきました。
梅雨のご時世でこの状況は必ず困ります。