今夏はお風呂で石鹸を使ってみませんか?

お風呂で人体を洗う期間、何を使っていますか?
ポンプジャンルの上半身ソープを訴えるほうが多いのではないでしょうか?
こちらは、昔から固形石鹸派だ。
その四角くコロンとしたビジュアルがお宝。洗浄力も凄いような気がします。
20歳ほど前は、銀行などの粗品で一心に石鹸が配られていました。
近くは「最近石鹸使ってるそれぞれいるの?」などと言っていましたが、こちらは石鹸をもらうと嬉しかったです。
今は粗品でもらう事はないですが、自分で購入してある。
昔ながらの母乳石鹸は、今でも大好きだ。あの、必ず石鹸!といったアロマオイルと、キリッとした洗い上りが大好きです。
オリーブオイルで作られた国外存在や、よもぎやハチミツがある存在など、良さそうなものを見つけると、ついつい買ってしまう。
使い始めるまでは、クローゼットの肌着の持ち出しに入れておくとクローゼットを開けたときのアロマオイルでフィーリングが上がります。
夏場は、ミントのものをかわいらしく使います。暑いときのお風呂立ちにはさっぱり発想が違うよ。
今年は猛暑見込みなので、ミント石鹸が大活躍しそうだ。

きんめだるとぎんめだるは、聞き分けにくいのか・・・

オリンピックで銀メダル獲得を金メダルと流したというのを新聞で見て、そういえば金メダルと銀メダルって発音する人によって良く区別がつかない事があるなと思った。
その為、母に金メダルと銀メダルを耳が良く聞こえていた時期に聞き間違えることが多かったかどうかを聞いたらそんなことはないらしい。
ん?わたしだけなのか…。
ところで、地域によって発音できないとか聞いても区別の出来にくいものがあるらしくて、母はよくざ行とだ行が区別できないと言っている。もちろん耳が相当遠くなっている今では他の言葉もかなり聞き取りにくいらしいけど、若いときからそうで私は不思議に思っていた。
どうやら母によれば、和歌山県のある地域の特徴らしく同級生が、音楽の先生にしつこくそのことを言われたらしい…。
東京でも江戸っ子と言われる下町育ちの人はヒとシを混合するという話をよくして落語にも出てくることから、調べたら結構地域によってそういうものは方言とは別にあるのかもしれない。http://www.intraligi.net/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_%E9%87%91%E5%88%A9%E3%81%8C%E5%AE%89%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AF%EF%BC%9F.php

虫歯になっても、歯を削ったり神経を抜いてはいけないのか?

昨日の、インターネットの記事に、「虫歯になっても、神経は絶対に抜いてはいけない」というものがありました。歯科のことについては、世の中の多くの人が関心を持っていることと思いますが、私は、この記事を読んで、極論の様な気がしました。色々な歯科医院の歯科医の見解が書かれていましたが、まず、虫歯を削ると、却って自然治癒力が無くなり、口腔内に悪影響が出るというところで、私は?でした。確かに一度歯を削ると元に戻りません。ですが、この記事については、新しい治療法の様に見えることを、今頃に挙げて、多くの人に不安を与えているだけという様に見えました。ドリルで掃除をすることは必要であるように見えて、クラックが生じ、歯が割れてしまうというのは考えてみても恐ろしいことですが、この記事に挙げられている治療法が何故普及しないのかが疑問です。保険診療外になるのは、どういうことかということです。また、神経を抜くということは、歯が死んだということになり、自然治癒力がなくなるということで、抜歯へのカウントダウンが進んでいるということになる、というのも徒に多くの人の不安を煽っているという感がしてなりませんでした。問題は、こういった治療についての文章について解説をしている歯科医が、24時間対応出来る怪しい機械の広告塔になっていたり、浄水器などで怪しい水を宣伝したり、予防接種は悪という医師と組んで怪しいセミナーを行っているというところが引っ掛ります。この記事で挙げられている、ドッグベスト療法が妥当かどうか?ということは、こういったことを持ち上げている者が、一体どういう者によって挙げられているのか?ということに着目すれば、この記事は、患者に不利益を被らせることも有り得る記事の様に思われます。正月早々に、この様な記事が出るのはどうかと思いますが、元々は「週刊現代」の昨年11月25日号ということで、今頃になって、この様な記事をネット上に上げる側の神経を疑います。勿論、歯科医も人間ですから、腕が良いかは人によると思いますが、最後は、自分で納得のいく歯科を見つけて、納得のいく治療を行うということで良いと思いました。

簡単にできるパスタレシピを思いつきました★

最近ちょっとお金を使いすぎたので節約しないとまずい気分なのですが、節約できる料理ってなんだろう…と思った時に、パスタ料理が思い浮かびました★
スーパーの安売りで、パスタ麺も結構お手頃価格でゲットできたし★
肝心の具材なのですが、私はトマトが大好きなので、それを使うことに!
細かくトマトを切って、それをボウルに入れます。
そのトマトを塩コショウで味付け♪ちょうど使いかけのバジルもあったので、それも入れました!
麺は先に茹でておいて、茹であがったらフライパンに多めのオリーブオイルを投入してみじん切りしたニンニクを少し入れます★
ニンニクに色が付いたぐらいで、全部投入!あとは混ぜるだけ!
ニンニクの香りがまた香ばしいのと、オリーブオイルを使っている分、さっぱりした味付けになります♪
全然くどくなくて美味しい!一度作って食べたら美味しかったので、最近は昼にこればっかり作ってます★
パスタが安売りしてたからできたレシピですけど。笑
また今度作ってみます♪

お菓子だけでなく宝石も同じ戦略つかっていたのか

記念日ってどうしても市民に対して薄利多売でしているお菓子とかの会社が利益の増収のために考えた経営戦略的なものだと思うのですが、以外にもお金持ち層がターケットの宝石業界も同じことをやっているんですね。その一つが誕生石。1912年にアメリカ合衆国の宝石商組合(現在のジュエラー・オブ・アメリカ(英語版))で定められたものを基礎にして、1952年にアメリカ宝石小売商組合など複数の団体によって改訂されたものを基準にして、それぞれの国で月の石は違うみたい。日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定した誕生石が古くて、サンゴ(3月)・ヒスイ(5月)が追加されているんです。イギリス・フランスでは、水晶(4月)・カーネリアン(7月)が追加されていま。実際の誕生石の由来や加護の是非に全く関係なく、問う考えても、宝石商たちの販売戦略に深く関わりがあるようにしか思えません。結婚式のあの指輪もそうなのかもしれない。

「負」の感情は表に出さないように…修業が足りない私

昨日の休日、夕飯時に夫から言われた言葉です。「お前は何をそんなにイライラしてるんだよ?」です。こっちとしては「そりゃ、イライラもするわー!」って感じでしたがそこはグッとこらえて「そう?別に普通だけど」と答えました。かなりイラッとしてたけど態度に出てしまうとはまだまだ私も未熟者。精神の修業がたりませんね。
何故、私がこんなにいらついてたのかというと原因は夫。朝からずっと子供に「今日はパパとどこかへ遊びに行こうか」と誘っていたくせに結局どこにも連れていってあげてないんです。出かけるというから、朝一番から買い物を済ませたりもしたし、こちらも出かける用事があったというのにそれもキャンセル。お昼を過ぎても布団から出てこない夫。おまけに布団の中から「たまには部屋の掃除もしろよー」と言いながらDVDで子供を釣ってるし…(T_T)
しかし、どんなイラつきも顔に出してしまったら負けですね。ちょっと反省しています(^^;)子供にとっては「ママの方が怖い」ってなっちゃうし。こうなったら来週こそは子供を早く起こして、「パパ—、遊びに行こう♪」って言うように今のうちから言い聞かせておこうかな♪

どうにも行けれないカフェに、今度こそいきたいと思ったけど。

近頃、カフェに行ったり講じる機会が多いのですが、何回か通っているけど何となく混んでいて行けれないカフェがあります。
ベーグルが特徴的なお店頭なのですが、至って美味しいのか常々行ってみてもモータープールからはみ出るほどモデルが数多くとまっているのでありますから
毎度あきらめて別のところに行っているものです。

そこで、今回は開店日にち事前なら伺えるんじゃないのか?と憧れ開店日にち前に付くように始動。
今度こそ伺えるんじゃないかと憧れ、思い切って行ってみました。

が、言語道断。まだまだ開店20取り分くらい事前なのに更にモータープールは思う存分。 モータープールに止められないから嫌々ながらに生まれるモデルがいるくらい。
出先にもやつが控える状況でとってもじゃないけれど待っていられないような実態でした。

果してどれだけポピュラーなんでしょうか?また一般やあきらめて別のところにいく状態になってしまいました。
なるほど、いつか食べれたらいいなあと思うのですが厳しいもんです。 今度はどうしようか?

いいところで呼び出しくらいました。あと一時間ほしかった!

今日から主人の長期休暇が始まりました!
そして今日からしばらく主人の実家にお世話になります♪
待ちに待ったこの日が来ました。夜は子供たちを寝かせたあとに主人の両親に子供たちは任せてデートに。
夜に居酒屋みたいなところにいくことはないので、私の希望で近くの鳥貴族に行こうとしてましたが、お義母さんが鳥きんぐの割引券があるよ!といって下さったので、値段も280円均一で一緒だし行ってきました。

そこの場所は何回もお店が変わっているらしくて、前のファミレスの雰囲気が全面に出ててあんまり居酒屋な雰囲気は味わえませんでした。そこは少し残念。

280円だし味はそこそこ。でも今日は安くて一杯食べたいのでクオリティは求めてません!笑
釜飯は美味しかった!280円とは思えませんでしたよ!

はち切れそうなぐらい食べて6000円ぐらい。
割引券が15%オフ。1000円ぐらい安くなった!!
すごいお得ですね♪

その後カラオケに!
カラオケが大好きで昔は一人でもよくいってましたが、なかなか今はいけないので楽しみにしてました。
子供が起きたらいけないので2時間ぐらいにしようと思って歌ってたんですが1時間しない間に着信が。。

下の子が起きて大変だと。。
なんだと!まだ少ししか歌えてない。。
でも仕方がないので2時間分の支払いを済ませてさっさと帰りましたよ。笑

あー、あともう少しだったのに、残念でした!

腹痛も精神的な辛さも緩和させてくれる不思議な睡眠薬

腹痛が毎日治まりません。
殆ど24時間ずっとお腹に違和感がある状態です。
病院の薬を飲んだり市販薬も試してみたのですが全く効果がありません。
こんな状態は最悪な私ですが、唯一楽になれる時があります。
それは海外で取り寄せた睡眠薬を飲んだ後の時間です。
この睡眠薬、本当に凄い効果があるのです。
寝つきが良くなる効果はもちろんのことですが、あれだけ酷い腹痛や胸の苦しさなども飲むと何故か落ち着いてしまうのです。
前々からこの薬を飲むと精神状態も落ち着きます。
ネガティブで殺意まで沸いてしまうくらい荒んでいる私の心が何故か飲むとポジティブな方向に向いたりするのだから不思議です。
ちなみに精神科から処方された薬なんて全く何の効果もありません。
この薬はちょっと値段は安くないのですが、私には欠かせない物になっているのでこれからも絶対になくてはならない物です。
効果が消えて来るとまたしんどくなって来るのですが、飲んで30分から1時間くらいの間は気分がハイになります。

すすむインターナショナル化のことなどについて勉強していた

販売の背景などについて修練しました。販売背景は、もう国境はないと言えるくらいインターナショナル化が進んでいます。たとえば、国外からたくさんのコーポレイトシステムが日本にきて、販売を展開してある。また、津々浦々からも多くのコーポレイトシステムが外国に突入しています。日本の企業と外国のコーポレイトシステムとの化合や労働協力などもさかんに行われてある。世界のどこかに、儲かりそうな販売があると、各種世の中からお金が散々そこに流れます。販売のインターナショナル化によって、私たちの暮らしでも世界中の各種食物やお日様機具を買うことができます。このような販売の背景を通じるためには、インターナショナル化がすすむ販売を理解し、Englishによる実践的なコミュニケーション能力、すなわちインターナショナルスキンシップ役目を身につけることが誠に大切になります。こういうインターナショナルスキンシップ役目を身につけるために、商業の教科を学ぶのです。このようなことを修練しましたが最高大切なのは、いよいよやり取りなのかなと思います。http://www.maisuradze.com/